ファイルの日付スタンプを変更するには?

数年前に書き始めながら休眠中だったプランを改めて練り直す機会が出来て、提出する書類関連をまとめることになりましたが、それらの作成日と修正日を揃えたくなりました。
中心になるファイルは新規作成すればいいことだったのですが、付随資料まで全て新規にするのは作業的につらいので、フォルダ内のファイルを一斉に、例えば、2013年9月10に合わせたいと思った訳です。(少し詐欺的な気分がしない訳でもないのですが…)
遠い昔であれば、迷わずFile Buddyを引っ張りだしたのですが、調べたところ、現役で生き残ってはいました。
しかし、手に入れたとして便利に使うかというと、現時点では微妙です。検索に関しては、インデックスに依存しない方法でのファイル内の文字列検索など便利な機能満載ではあるのですが、OS 9のリソースフォークにリソースデータを収納するファイルシステムではないOS Xでは、システムを構成するファイルの数だけでも100倍は違っています。かつて便利に使った検索機能が、現時点ではあまり使うことのない方法に思えます。痒いところに手が届く程の高機能ではあるのですが、OSの向かっている方向とずれているような気がするのです。
環境はOS Xです。コマンドでやれない範囲ではなさそうだと、いくつかのキーワードで検索しました。
先ずは、ここ。
<http://blog.grapii.com/2010/07/change-a-files-creationmodified-date-on-mac-os-x/>

どうやら、‘touch’でなんとかなりそうです。このページの記述では、作成日、修正日ともに変更可能なように書かれています。

次に見つけたのが、ここ。
<http://d.hatena.ne.jp/zariganitosh/20101210/falsify_file_info>
なにかあると、このサイトに行き着いてしまうというのはある意味すごいことです。
ファイルのタイムスタンプについて、ほぼこのサイトで分かってしまいますね。感謝です。

‘touch’では、「指定した日時が作成日時よりも新しければ、作成日時はそのまま。更新日時・アクセス日時のみ更新する。」という記述が気になり、試してみたところ、その通りの結果です。
‘touch’では足りない部分があるということです。
‘touch’以外に、‘SetFile’というコマンドがありますが、これは、OS X固有のコマンドのようで、初期状態のOS X環境ではインストールされていません。開発環境であるXcode.appがインストールされていないと駄目というか、Xcode.appに付随するコマンドのようです。
Xcode.appがインストールされているマシンから、‘usr/bin/SetFile’をコピーしてみましたが、どうやら参照する別なライブラリが必要なようで、単体のコピーでは動作しませんでした。Xcode.appを入れるしかなさそうです。