OS X 10.11 El Capitanで、SIP(System Integrity Protection)を無効にしないで、ら行(ラ行)を「L」キーで入力できるように変更する

OS X 10.11 El CapitanでSIP(System Integrity Protection)が導入され、‘/System/Library/Input Methods/’以下にアクセスするためにはrootlessモードに切り替えないと、‘sudo’を使ってもアクセスできないという状況になりました。

(SIP(System System Integrity Protection)は、以下のサイトが参考になります。)

rootlessモードで作業するためには、リカバリーモードでマシンを起動してから‘csrutil’コマンドをターミナル上で使って設定するという方法以外に手段がないため、かなり面倒です。
また、わざわざ‘nvram’の‘rootless=0 & “kext-dev-mode=1’というブートフラグを捨ててきた方向性から考え、Appleのポリシーを尊重するのであれば、常にrootlessモードで作業するというのもできれば避けたいところではあります。
また、考えるに、ユーザレベルでインプットメソッドのモードを切り替えられないというのもどうなのでしょう。‘/System/Library/Input Methods/’以下の設定ファイルを書き換えるということは、ユーザごとに設定モードを簡単に切り替える手段がないということで、不便すぎる仕様ではないでしょうか。
どこかに何か設定フラグがあるはずだよね、と思いながら、なかなか手掛かりがつかめなかったのですが、不図した拍子に見つけました。
要は、‘default’コマンドを使って、ユーザドメインのPreferencesフォルダ内の‘~/Library/Preferences/com.apple.inputmethod.Kotoeri.plist’に‘UseKotoeriRomajiRule’キーを設定するだけです。

ターミナルから‘defaults’コマンドを使って、

defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri UseKotoeriRomajiRule -boolean YES

この後に、日本語入力プログラム(JapaneseIM.app)を再起動します。

killall JapaneseIM

 

plist_key

図は、Xcode上で該当キーが設定されている状態です。

設定のリセットは、

defaults delete com.apple.inputmethod.Kotoeri UseKotoeriRomajiRule

要は、「システム環境設定」の「キーボード」の「入力ソース」のGUIから設定項目が外されただけということのようですが、“外されただけ”というには何とも、むむむ…であります。

広告

OS X 10.11 El Capitanで、SIP(System Integrity Protection)を無効にしないで、ら行(ラ行)を「L」キーで入力できるように変更する” への1件のフィードバック

  1. ラ行の入力はとても困っていたので、こちらの記事でとても助かったのですが、一度システムを終了させると、また「ぁ」「ぃ」「ぅ」に戻ってしまいます。私のやり方が何か間違っているのでしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中