テンキーのないMacbook ProでInDesignのテキストスタイルのショートカットを登録してみる

面白いことに、InDesignでは、テンキーの数字キーは[文字スタイル][段落スタイル]に割り当てるショートカット用として予約されています。
そのため、通常のショートカットでは使用できません。
逆に言えば、[文字スタイル][段落スタイル]のショートカットには、テンキー+command、option、shiftキーの組み合わせしか登録できないようで、テンキーのないマシンでは困ったことになります。

ScreenShot 2015-04-13 at 12.53.52

追加でテンキーを導入するというのも作業スペースの関係で採用したくないので、なんとか方法はないものかと思ってはいたのですが、漸く少し時間が空いたので、AppleScriptとKeyboard Maestro 4でやってみました。
(Keyboard Maestro 4のTypeアクションだけでやれると思っていたのですが、commandとoptionキーの同時押し下げの方法が分かりませんでした…)

取り敢えず、「command+shift+数字」と「command+option+数字」のパターンを設定してみました。

1KM

・InDesignがフロントアプリケーションの時だけ動作するように、最初にマクログループを作って、そのグループフォルダ内にAppleScriptを実行するアクションを設定してます。
・テンキーの数字に対応するキーコードは、このページを参照してください。

「command+shift+数字」パターンでは、スクリプト内ではshiftを設定していないのですが、Keyboard Maestro 4のホットキーの「shift」を拾っているのかもしれません。

■補遺

サンプルとしての上の図のKeyboard Maestro 4のホットキー設定は、InDesignの既定のショートカットとのコンフリクトを一切考慮していません。あくまで、テンキーのkey codeを使えば、[文字スタイル][段落スタイル]にショートカットをテンキーのないマシンでも設定できることを試したものです。

もし、既定のショートカットとのコンフリクトがある場合は、ホットキー設定を変えるか、InDesign側の既定値を書き換えるなどで対処してください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中