‘Launch as root’−Quasi_Launcher.appを再コンパイルしました

PPCアプリケーションだったためにOS X 10.7以降使用できなくなった‘Pseudo’に替るものとしてQuasi_Launcher.appを書いて公開していますが、暫くアプリケーションのビルドアップなどをしていなかったので、アプリケーションパッケージのまとめ方が異なってきているのに全く気がついていなくて、アプリケーション名の後の拡張子がダブルなどの妙な症状が起きていることなども気付いていませんでした。
随分と作法が違ってきているようです。
この際ということで、気になったアプリケーションから順次再ビルドしていくことにしました。その第一弾が‘Quasi_Launcher.app’ということになります。

また、この‘Quasi_Launcher.app’は、私の書き方が余りに素っ気なさすぎたためか、一番問合せが多いということもあるので、ついでに、改めて操作方法を箇条書きにしておきます。

■操作手順

  • ダウンロードしてzipファイルの解凍後「.iso」ファイルをマウントして、‘Quasi_Launcher.app’はアプリケーションフォルダなどにコピーしてください。

4d228

  • ‘Quasi_Launcher.app’アイコンの上に、管理者権限で起動したいアプリケーションのアイコンをドロップします。これで対象アプリケーションが登録設定されます。
  • そのまま、‘Quasi_Launcher.app’が立ち上がってきて、管理者権限のパスワードを聞いてきます。パスワードをいれてください。
  • 登録されたアプリケーションが管理者権限で起動します。(rootアカウントで起動しているかどうかは、アクティビティモニタを起動して、そのアプリケーション名を選択して、ユーザを確認すれば‘root’になっているはずです)
  • 対象アプリケーションが起動している間は、Quasi_Launcher.appも立ち上がりっぱなしになります。
    対象アプリケーションを終了すれば、自動的にQuasi_Launcher.appも修了します。
  • 一旦アプリケーションが登録された後は、ダブルクリックで登録されたアプリケーションが管理者権限で起動するようになります。
  • 登録アプリケーションのリセット/切り換えは、新たに対象としたいアプリケーションを‘Quasi_Launcher.app’アイコンの上にドロップすれば登録が上書きされ切り替わります。
  • パスワードは‘Quasi_Launcher.app’が保持しますので、ユーザ環境が変わったりしない限りは再入力は不要です。

QL

■ダウンロード

http://homepage3.nifty.com/amstudio/amweb/Quasi_Launcher.iso.zip
http://amstudio.sytes.net/amweb/Quasi_Launcher.iso.zip
※Quasi_Launcher.appの著作権は放棄いたしませんが、対価は不要です。自己責任で、自由にお使いください。
Quasi_Launcher.appの使用に関して、作者はいかなる責任も負いません。
インターネット上のリンクは、作者への事前/事後の承諾は不要ですので、自由にリンクして下さい。
基本的に、再配布・転載は認めません。

■保証
動作に関する保証はいたしません。また、使用によって生じたと思われるいかなる損害に対しても、作者は一切責任を負い ません。使用は御自身の責任において行なってください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中