InDesignで等幅半角字形を設定する―字形パレット以外の方法

あまり近しいとはいえない古くからの知人から久しぶりに連絡がありました。
そこで、InDesignで縦書きの2桁英数字の縦中横設定と等幅半角字形への変更設定をどういう風にやっているかという話になり、全部キーボードショートカットだと言うとあきれながらやり方を教えろということとなり、また、いろいろとその他の話も聞いていると、等幅字形(全角、半角、3分などがあります)へのアクセス方法が字形パレット以外からは出来ないものだと思っている人が結構多いのではないかということになりましたので、メモ代わりに少し整理しておきます。

■字形パレット
等幅字形へのアクセスは一般的には、字形パレットから行う設定のようです。

字形パレット

参考までに、プロポーショナル字形と等幅字形の違いを図で示しておきます。

プロポーショナル字形と等幅字形
この字形パレットから入力する方法では、データの新規入力でない場合は既に入力されたデータを部分的に上書きすることになります。ミスも起きやすく、出来れば半角の英数字をそのまま等幅字形に置き換えたいところです。しかし、メニューやパレットを探しても該当するコマンドを見つけることは出来ませんでした。多分、Adobeの想定している標準的な操作では、字形パレットから該当する文字をダブルクリックで入力するという方法しかないのだろうと思います。
しかし、ここで諦めないのがいる訳で、キーボードショートカットを見つけたという次第です。

ショートカット

この画面で、「セットを表示」ボタンをクリックすることで表示されるショートカットのセットファイル(これはキャッシュファイルです)と実際に保存される設定ファイルは書式が違います。保存される設定ファイルは、次の図の右側で、xmlファイルとなっています。保存される場所は、‘~/Library/Preferences/Adobe InDesign/Version xxxx/ja_JP/InDesign Shortcut Sets/’(InDesignのバージョンによってフォルダが変わります)。

ショートカット2

保存されるxmlファイルは、パラメータがすべて英語表現なので、少し慣れないと設定した値がどの場所にあるか判別しにくいところが残念です。
別な視点からいえば、設定したい項目がどのカテゴリにあるのか調べたいときは、キャッシュファイルの方を保存して、日本語のコマンド名で検索する方が判りやすいでしょう。

■キーボードショートカット設定の継承
先頃、Creative CloudからCreative Cloud 2014のアップデートがありました。
このキーボードショートカット設定を継承する場合は、
‘~/Library/Preferences/Adobe InDesign/Version 9.0-J/ja_JP/InDesign Shortcut Sets/’
から
‘~/Library/Preferences/Adobe InDesign/Version 10.0-J/ja_JP/InDesign Shortcut Sets/’
へ、設定ファイルである‘xxxx.indk’ファイルを移動させればOKです。
この設定ファイルは、確認がとれているバージョンでいえば、CS5からCC 2014まで互換があるようです。