iCloud経由でキーボードショートカットマクロを同期する

iCloud経由でファイルを同期する方法としては、iClouDrive.app<http://www.zibity.com/icloudrive>やiClouDisk.app<https://www.macupdate.com/app/mac/46924/iclouddisk>などがありますが、じつはそんなユーティリティを使わなくても簡単に同期設定できるというのはここ<http://wp.me/p1Cs3W-4S>に書きました。

そして、

・iClouDrive.appを使って、ツールを同期する<http://wp.me/p1Cs3W-34>
・更に、iCloudを経由した環境の同期<http://wp.me/p1Cs3W-3a>

などで、複数のマシン間で環境を同期させようとしてきたのですが、Keyboard Maestro 6にしてからは、キーボードショートカットマクロまで同期することができるようになりました。
アプリケーション内の機能として、ネットワーク経由での同期機能があります。
同期するマクロ設定ファイルの保存先をiCloud経由で同期するように設定したフォルダを指定すればOKです(Dropbox経由という設定もできます)。

KM_networkSync

注意点は、アプリケーションやファイルを参照したりアクティベートするマクロは、それぞれのマシン間のパスが同一でないといけないということです。
OS Xではアプリケーションや書類のデフォルトの置き場所が予約されていますので、ハードディスクの名称とユーザアカウントを同じにしていれば、パスの一致はそう難しいことではありません。
設定してみると、キーボードショートカットマクロを同期するということが如何に便利か、思い知りました。
iKey2では、設定を変更する都度、もう1つのマシンへそれを反映するのが面倒で…。

■現時点での同期設定状況
iCloud以外のクラウドストレージで同期しているファイルはその他にもいくつかありますが、マクロやスクリプト、サービスなどでマシン間の操作性を同期してるのは、現在以下のようになっています。

SyncFolder

■iCloud経由のファイル同期のメリット
iCloud経由のファイル同期のメリットは、OS X で扱われているファイル形式については問題なく同期できるという点があげられます。
この点では、Dropboxも優秀で、殆どのファイル形式であれば問題なく同期してくれますが、その他のクラウドストレージでは、OS Xのアプリケーションバンドル(「.app」)や「.xxxxxx」という名前のバンドルパッケージ形式(「.dmg」や「.img」なども)はそのままクラウドへコピーしてくれないものが多い状況です。まあ、これが世間というものでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中