Adobe PDFとして保存—3(補足or蛇足?)

■iKey2でもマクロを作ってみる
Keyboard Maestro 6でプリントダイアログから「Save as Adobe PDF.app」を呼び出すマクロを紹介しましたが、これをiKey2でやってみると図のようになります。(ここではファイル保存ステップまでは表示できていません)

iKey

マウスのクリックとドラッグをシミュレーションするしかないようなのですが、ウィンドウのTop/Leftからの座標で追いかけますので、ポップアップメニューの座標を取るのが少々厄介です。
また、「Pause(Wait)」に関してもKeyboard Maestro 6の方がスマートで確実性が高いようです。
iKeyはYoupiKeyと呼ばれていた初期バージョンから使ってきましたので、現在の停滞状況が何か寂しい気がします。
Keyboard Maestro 6に切り替えてから、ホットキーを新しく設定することが楽しみになってきて、KeyQuencerの時代の登録数に並ぶくらいの数になってきました。現時点でマクロ数76です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中