DirSync Pro 1.4.x—part 3:各種設定

DirSync Proを起動するとJobsetの表示画面が開きます(初期設定のオプションを全て表示しています)。
ここでは、バックアップ/同期の設定を表示する画面ですが、設定は「Job」項目をダブルクリックで開いたウィンドウで行います。
アプリケーションのメインウィンドウでバックアップ/同期の設定を行えると分かりやすいのですが、もう1枚ウィンドウを開かないといけないというインターフェースが、DirSync Proを面倒で分かりにくく感じさせている大きな要因なのでしょう。

1

先ず、ソースとバックアップ先を指定します。
図のソースとバックアップ先のパス指定フィールドにそれぞれのフォルダを指定します。現行の安定版のバージョン1.4.6までは、パス指定フィールド右のフォルダアイコンをクリックしてJavaベースのオープンダイアログからそれぞれのフォルダを選択するといった方法でした。ところが、プレリリースバージョン1.4.7a8では、このパス指定フィールドへ対象のフォルダを直接ドロップできるようになっています。また、フォルダアイコンをクリックしてから開くオープンダイアログ内でも、対象フォルダのドロップが有効になっています。
オープンダイアログ内で階層を移動することが、DirSync Proの操作の中で一番厄介な部分だったので、この改良は大きな進展です。

1-2

■カスタム設定
通常はプリセットの同期モード(sync mode)から選択することでバックアップ設定はOKでしょう。除外項目などがある場合は、カスタム設定でオプションを選択することになります。DirSync Proの特徴は機能の豊富さと、それらの多くをカスタム設定のGUIを使ってチェックボックスのON/OFFで設定出来ることでしょう。記述しなければならないのは、パターンマッチでの指定部分くらいで、Exclude設定などでは殆どピックアップダイアログでのクリック設定で済みます。ただ項目が多い分だけ煩雑感は拭えないのですが、これをrsyncのスクリプトでやることを考えれば、どちらを選択するかは分かりきっています。

2

3

5

■DirSync Proで出来ないこと
Javaベースのアプリケーションとなっていますので、

  • AppleScriptやAutomatorからのリモートが出来ないので、簡単にワークフローに組み込めない。
  • ネットワークボリュームへのアクセスを、DirSync Pro側で記述出来ない

などの制限はあります。
ただ、かなりの複合条件のオプション付きで同期・バックアップが出来るという意味で試してみる価値はあると思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中