戯れにWindowShadeもどき

久しぶりにやってみたら未だ動いたので、Finder上での「WindowShadeもどき」スクリプトです。

2013-10-18 15.15.30

スクリプトを適当な名前でファイルに保存して、キーボードショートカットユーティリティで呼び出せばいいでしょう。
畳む/展開する、とトグルで動作します。
畳む→展開をやると、ウィンドウ内の画面描画がおかしくなるようです。症状はOSのバージョンによって多少異なるようですが、改めてそのウィンドウを開き直さないとリストウィンドウでは上の方のアイテムが消えてしまったりすることがあります。ビューをアイコン、リスト、カラムと切り替えたりすると直る時もあるようです。
Finder以外のアプリケーションで、畳む/展開するをやろうとすると、アプリケーションによってはウィンドウの座標が画面から外れたり、色々と予想外の結果が生じたりしますので、このFinder版以外は試さない方がよろしいかと思います。
いずれにせよ、「もどき」はもどきです。

tell application "Finder"
	try
		set a to bounds of window 1
		if (item 4 of a) - (item 2 of a) < 33 then
			set bounds of window 1 to prevRect
		else
			set bounds of window 1 to {item 1 of a, item 2 of a, item 3 of a, (item 2 of a) + 32}
			set prevRect to a
		end if
	on error errorReply
		activate
		beep 1
		display dialog errorReply buttons {"OK"} default button 1 with icon note giving up after 3
	end try
end tell
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中