FTPクライアントでWeb URLを取得

エントリのタイトルでは分かりにくいかも知れません。
FTPでサーバへアップロードしたファイルをHTTPでアクセスするという時に使うURLをFTPクライアント側で取得するといったことです。
外のユーザにファイルを渡す時に、ファイルをサーバにFTPでアップロードしておいて、そのファイルのHTTPアドレスをメールで知らせると、相手はメール本文中のアドレスをワンクリックすることでwebブラウザからダウンロードすることができます(ファイルを用意する側でHTTPとFTPのサーバが用意されているという前提です)。こういった使い方をしていると、このHTTPアドレスをアップロードしたFTPクライアントで取得できると便利です。

3

2

CyberduckとYummy FTPではHTTPルートとなるディレクトリまでの記述が少し異なっています。サイトの構造とBookmarkの指定しているルートディレクトリによってどの階層までを指定するか試してみるしかないですね。
FTPクライアントで、このWeb URLを取得できるのは半々くらいのようです。FileZilla、FetchではFTPアドレスしかコピーできませんでした。Cyberduck、Yummy FTP、TransmitはFTP、HTTPアドレスの両方コピーできます。
URLエスケープをしてくれないケースでは、日本語のファイル名だと、コピーしたFTPアドレスをURLエスケープしてから、‘ftp://…’から始まるアドレスを‘http://…’にパターンマッチで置換するスクリプトを書くしかありませんでしたが、最近のUnicode対応のFTPクライアントはほぼどのFTPクライアントでもエスケープしてくれるのは有り難いです(私の環境では、Transmitは日本語のURLエスケープがおかしいです)。

■余談
Mac OS Xでは早い時期からFinderにFTPクライアントが実装されていて、早晩3rd パーティのFTPクライアントは消えてしまうのではないかと思ったことがありますが、Finderの実装はAppleらしいといえばAppleらしく中途半端なままで、現時点でも書き込み禁止のボリュームをマウントすることしかできません。ダウンロードのみであればつかえるということですが、この機能のまま長いこと据え置きで、変える気配はないようです。

2013-10-10 4.26.19

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中