TextWrangler.appのスクリプトメニューにショートカット設定

もうあと少しでメインエディタの位置に座ってもおかしくないのですが、日本語の扱いの部分でいまいちメインに座れない残念なエディタがTextWrangler.appです。
残念な部分は、

  • 句読点を文字区切りとして認識しているらしく、ホワイトスペースが混じる段落では、妙な位置で行の折り返しをしてしまう(句読点で挟まれたかな漢字部分を大きな単語として扱っているような感じ)
  • もちろん、禁則処理に対応していない
  • もちろん、かな⇔カナ⇔カナなどの文字種変換機能は持っていない

などでしょうか。
とはいえ、この不満点を補ってあまりある程の便利な面もあります。

  • サイズの大きなファイルを難なく開ける
  • 自動判別では開けないエンコーディングの不明なファイルを、オープンダイアログからエンンコーディングを手探りで指定しながら開くと開けてしまったりする
  • バイナリplistファイルを、XMLplistファイルのように開いて編集できてしまう
  • 豊富なメニューコマンドのほぼ全てにAppleScriptからアクセスでき、ダイアログを介した検索などのコマンドでもレコーディングできてしまう

などが便利な点のいくつかでしょうか。
「Text」メニューの項目を見るだけでも多機能ぶりが分かります。これで無償ですから頭が下がります。
e7821

■スクリプトメニュー
TextWrangler.appのスクリプトメニューはこんな感じです。

ea82e

上記のように、ほぼ全てのメニューコマンドをAppleScriptでコントロールできます。Grepでの検索置換、ソートなどもオプション設定を含めてスクリプトで記述できますので、複数の処理ステップを含んだマクロ処理までスクリプトで実現できます。
サブフォルダの「TextWrangler_Script」は自作のスクリプト集ですが、図のように、サブフォルダのスクリプトでもショートカットを割り当てることができます。

c0728
ショートカットの割当は、「Window」メニューの「Palletes」から「Scripts」を選択すると開くパレットから指定できます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中