TextWrangler.appのSortオプション

例えば、次のようなテキストの例で、ソートをかけると次のようになるのはどの種類のソートであっても同じでしょう。

cdca5

では、次のように行頭に数字を加えてみると、通常は次のようになります。

12bd6

これを避けて、1,2,3…という風に並べるためには、
数字の桁数を合わせて、この場合は01,02,03,…とするか、数字を値として評価するソート方法を考えなければなりません。
通常は、数字を値として評価するソート方法を持っていないのですが、TextWrangler.appではソートオプションでこれを実行できます。

8664f

図の、「Numbers matuch by value」というオプションがそうです。

もう一つ面白いオプションがあります。
行頭の数字ではなく、ひらがなをキーにソートをかける方法です。
ソートオプションの下半分を占める「Sort using pattern」というオプションを使います。ドキュメントデータを、半角スペースで区切ったテーブルと看做して、2行目でソートをかけるということです。

797d5

最後に、行頭の数字を削除することもTextWrangler.appでは簡単です。「Text」メニュから「Add/Remove Line Numbers…」から挿入/削除の指定ができます。

83390

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中