rsync3をBackuplist+.appで使う—3

066f1Backuplist+.appのヘルプを読むと、excludeの指定パターンは絶対パスではなく、処理対象のディレクトリをルートにした相対パスだと思うのですが、そのつもりで行った記述では動作しません。
因に、ヘルプでは、

If you are backing up /Users/Homefolder/Documents and want to exclude a folder in Documents called “Taxes” you would enter simply

/Documents/Taxes

If you want to exclude a folder called “Federal” within “Taxes” you would enter

/Documents/Taxes/Federal

These paths begin at the root which is the Documents folder. The asterisk * is called a wild card and means anything afte rthe “Federal” directory is also excluded.

となっています。
実際に動作した設定は、次のようになります。

98969

図のように、ホームフォルダをルートにした場合、ヘルプを参照すれば、‘/nryk/Documents/VM’のように記述しなければならないと思うのですが、実際には、‘/Documents/VM’としたホームディレクトリ以下からの記述で動作しました。
また、小さな不具合ですが、このexcludedタブのリスト欄にファイル/フォルダのドラッグ&ドロップで登録することが出来るはずなのですが、必ずアプリケーションがクラッシュするので、パスは手入力で行いました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中