Dockのもう一つのリストビュー

■‘use-new-list-stack’
Mac OS X 10.6 Snow Leopardから実装され、漏れ聞くところによると、10.9 Mavericks Developer Previewでも生きているというDockの’new list view’を備忘録として記しておきます。
何故かデフォルトでは‘hidden’のままで、それでも無くならない’new list view’ですが、通常のリストビューとの違いはこんな風になります。

List View

‘new list view’では、コマンドキー(⌘)+「+」とコマンドキー(⌘)+「−」でアイコンサイズを変えられます。
変更はターミナルコマンドで行います。

$ defaults write com.apple.dock use-new-list-stack -bool YES; killall Dock

($ 以下defaultsからコピー&ペーストしてください)

元に戻すのは、

$ defaults write com.apple.dock use-new-list-stack -bool NO; killall Dock

変更後、Dockが再起動されます。

■‘mouse-over-hilite-stack’
‘use-new-list-stack’でDockのリストビューを変更することをmemoしましたが、マウスオーバーでハイライトさせると更に分かりやすくなります。

2013-09-28-5.00.40 方法は、やはりターミナルコマンドで、

$ defaults write com.apple.dock mouse-over-hilite-stack -boolean true; killall Dock

元に戻すのは、

$ defaults write com.apple.dock mouse-over-hilite-stack -boolean false; killall Dock

($ 以下defaultsからコピー&ペーストしてください)
変更後、Dockが再起動されます。
(OS X 10.5では、typoと思われますが、hiliteをhilteとしなければ動作しません。10.6以降はhiliteです)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中